誘導型近接スイッチ

ハウジング形状: シリンダー型、ネジ式

ハウジング形状: シリンダー型、ネジ式


カテゴリーへ
ハウジング形状: シリンダー型、ストレート

ハウジング形状:...


カテゴリーへ
ハウジング形状: ブロック型

ハウジング形状: ブロック型


カテゴリーへ
アプリケーション、設計、および動作モード:
近接スイッチは電子式コマンド機器です。機械的なミットスイッチと比較して、電子的に非接触動作が特徴です。

機械式アクチュエーターや接点などのウェアラブルな機械部品がないため、近接スイッチの耐用年数は事実上無制限です。周囲の影響によって引き起こされる接点燃焼および接点汚染は発生しません。

電子式近接スイッチは、ノイズ、バウンス、反応なしで機能します。それらは振動や衝撃の影響を受けません。機械的なスイッチで発生するような、動作が遅過ぎたりスイッチング電流が低過ぎたりなど接触信頼性が低いと言った事はありません。 。直流電流を切り替えてもバウンスはありません。

近接スイッチにある発振器の共振回路は、オープンコアコイルを使用して、センサーの検出面から現れる高周波(RF)電磁界を生成します。導電性のターゲット(金属など)がこのフィールドに入ると、渦電流が誘導されます。浮遊誘導渦電流はLC回路からエネルギーを引き出します(L:コイル、C:コンデンサー)。発振回路の負荷は、発振振幅の減少を引き起こします。発振器は減衰します。

振動振幅の減少は、電子回路によって電気信号に変換され、近接スイッチのスイッチング状態の変化につながります。これにより、近接スイッチのスイッチング条件が変更されます。

導電性材料が誘導場から除去されると、パルス振幅が増加し、電子回路を介して元のスイッチング位置が再現されます。発振器は減衰しません。